★メイキング★ー異形イラストー

こんにちは、夕羽です

う、ブログ放置してました・・・すみません!!

ちょっとオフのほうが忙しくて・・・うひぃ

てゆうか、これからまた忙しくなるようです。

あれ?暇になるんじゃなかったっけ・・・?(´・ω・`)

バイトと卒論が意外に忙しかったです・・・でも、最低週一回は更新していけるようがむばります(`・ω・´)





さてさて、それはさておき、、、

この前、青蛙さまに全力の愛で持って描きました、えっらい細かいイラストがありますのです。



青蛙さま宅の≪異形フェスタ≫用に描いたものですが、

前々からぼしょぼしょ言っていたように、メイキングを作ろうと、作業過程を携帯でパシャっておりました(´・ω・`)

(完成品は、このページの一番最後に載っけてあります!!)

メイキングってなにかしら?という方、メイキングとは多分、イラストとかの途中途中を記録し、こんなふうに描いてってるんだよ!ってなもんをみてもらうだと思ってます(アバウト・・・

皆さんにお見せできるものかどうか、甚だ疑問ですが、夕羽自身、自分の勉強になるかな?って思って、作業途中を記録したものです

当然、記事としては長いです。また、携帯でご覧になっている方には、画像が小さくって「何コレ?」ってなるかもです、すみません(´;ω;`)

覚悟して、ご覧下さい(笑

画像だけでも割と過程わかりますから、ほんと無理はなさらないで・・・!

興味のない方は、回れ右なさることをオススメします・・・うひぃすみません(何回謝るんだ



ではでは、ゴー





※ちなみに、この異形イラストでは、二人の人物を描いていきます。
リア友の早村が、昔書いていた小説のキャラクターで、正体は竜です。
上が「ライラ」(光を司る竜)、下が「ビルラ」(闇を司る竜)という名前のキャラクターで、メイキングの中でもその名前で呼んでいきます!

なお、顔文字が多いのは、なんとなくです(・∀・)ノ






①鉛筆で下書き(・ω・)
とりあえず、なんとなくな構想を描きます。別紙に描いています【左】
光のライラが上で神々しく、闇のビルラが下で暗ぁい感じで、みたいな安易なイメージ(笑)
画像

そして、何となくでも構想が湧いたら、本番の紙にさかさか描きだします【右】
下書きの下書きなので、線もアバウト、筆圧も低めに描きます。
特に、夕羽はペン入れしない鉛筆の線が好きなので、最後にきちんと鉛筆で線を入れるときに他の鉛筆の線が残らないように、なるべくさらっと描きます。




線画で使う筆記用具はこれだけ。
基本フリーハンドです。(ものさしとかいるような背景が描けないから・・・笑)
画像

鉛筆っていうか、シャーペンなんですけど(笑
0.3で、2Bのシャーペンでしか、夕羽らしい絵が描けないなーと常々思ってます(´・ω・`)
なんかよくわかんないんですけど、0.5だと細かく描き込めないし、
HBとかだと、下書きのとき筆圧を低めにできないとか、
鉛筆の線が薄いので綺麗につかないとか、なんかそういった事情があるようです。
多分、微妙なこだわりってやつでしょう(・ω・)
でも、フツーのラクガキとかではけっこう0.5のシャー芯使うんですけどねー!
ごつい線が描けて、あれはあれで好きです。




ありゃりゃ、この調子で語りながらだと、ホント長くなりそうだ!!

みなさん、お時間あるときにご覧下さいね(+д+)

なんなら夕羽が赴いてお茶やコーヒーでもお出ししたい気分ですよ(前記事参照



さてさて、先ほどもいっていましたが、アバウトに下書きが完了しました。
ここで例を上げて、ライラ(上)の顔をアップ。
筆圧低めに、柔らかく描いた下書き。【左】
画像

そんで、その線を消し、微妙に残った頭の中のイメージと、紙の上の線の後を頼りに、
あたりをつけながら綺麗に描き直します。【右】
やー、すっきり☆パチパチ
この時、てきとーに模様が増えたり、アクセサりーが増えたりします。


ついでに、ビルラの顔アップ。
画像

じつはビルラのお顔は割りと早く描けたのでした。
ライラは難産(笑




で、そんなこんなで、全身こういう感じで綺麗に書き直します!
【左】は、ライラの羽がてきとーですね(笑 クロっていうのは、ビルラの名前を忘れていたので(ひどい)、てきとーに呼んでた時の名残です・・・
画像

羽を整えて描き、髪も頑張って巻髪を細かく描き入れます【右】
この作業を怠ると、色塗ったときなんとも微妙になるので、全体のバランスを見ながら、丁寧に鉛筆で描きなおしていきます。
多分多くの絵師さまが、ペン入れを行っているのと近い事をここでしているんだと思います。
ただ、夕羽はペン入れが破滅的にヘタなので、(元の鉛筆の線が細かすぎてつぶれる、付けペンはすぐダメにする、紙にひっかける、かすれる、線が太くなる、etc.)
あと修正楽だし描きこめるので(笑)、随分前からこういった「鉛筆で下書きをし、鉛筆で清書する」というわけのわからない事をやっています。
鉛筆の風合いもいいものですよ(黙r
ここまでで、何日かかかって、大体トータルでは8か10時間くらいですかね(・ω・)




②色付けの下塗り(`・ω・´)
さて、ここからドッキドキの色付けです!!

よく、周りの絵師さまの、「色付け嫌いです!」って宣言を耳にします(・ω・)

夕羽は・・・

割と好きです(ひぃ  しかし得意かと聞かれればものっすごい勢いで首を横にふります(笑

夕羽は、割とくちゃくちゃと色の混ざった絵を描くので、ちょっと間違っても修正が効く気がしているんだがどうなのか(聞くな

ま、そんなこんなでごまかしごまかし色つけてます(´・ω・`)




さてさて、最近よく使うようになった水彩色鉛筆さんたち(・ω・)
画像
 
7月に、青蛙さまの異形フェスタに予備で描いた人魚さんがいるんですが、あの時水彩色鉛筆の特性に惚れまして、水彩画の補助として使うようになりました(´ω`)
なんか、毎回決まった色がドバーンと使えるところや、鉛筆のように描き込めたりするところや、独特の風合いが好きです。これからもっと面白い色を増やしていくつもり(・ω・)




そんで、これがパレット。バーン!汚い!てか文字見にくい!!笑
画像

透明水彩という、ちょっぴりお高い絵の具です。なんか発色が綺麗です。つっても普通の小学生が使ってる絵の具の二倍の値段くらいです(確か)しかもあんまり減らない。

なんか、美術を専門にしている子に聞いたのですが、パレットにあらかじめ絵の具を絞って固まらせておいて、そこからちょこちょこと調節しながらつかってくんだよ、とのことで、そんなふうに使ってます(・ω・)
ただ、絵の具を広げて混ぜるのが、一個のパレットじゃ手狭になり、一個、また一個とパレットが増えて三つに(笑
こんな感じで、狭く狭ーく色塗りしています。



さて、色を塗りましょう♪

ここからは、あくまで下塗りといって、イメージを具現化していく上で、確かめながらって感じで薄く色を塗っていきます。これだけで、かなりの統一感と、さらに自分の中のイメージが紙の上で掴み易くなります!

ここから、色を重ねて塗って、濃淡のある色合いにしていきます。

いうなればあれです、お料理でいう下味です(・ω・´)



まずは、肌色から。
基本、薄い色から塗ります!小学校の時にそう教わったから・・・(単純
画像

ぺたっと塗っちゃうと、後で凹凸や濃淡をつけ辛くなるので、光を意識して、明るい色(ここではオレンジ)だけ塗ります。
肌に、青や緑や紫、果ては水色やピンクなどで影をつけたりしますが、それは全体の下塗りが終わった後に、
全体のバランスを見ながら調節しつつつけるので、ここではオレンジ系だけで、まとまった色付けをします。




これは、ライラの手なんだけれども。
画像

まぁ、このような感じに、乾かないうちに、しゃしゃっと色をのばしたり、ぼかしたりします。
鉛筆で描いてない筋とか、ここでなんとかうまく描きこみます(笑
下塗りでは、濃淡をつけつつも、塗り過ぎないように気をつけます(・ω・)





はい、てなかんじで肌色塗り終わり・・・【左】
画像

服も下塗りします【右】





大体二人の下塗りが終わったところ!でもビルラの服がほとんどもう本塗りだ(笑
(夕羽はいつも本塗りで、紺や赤、黒とか、濃い色を使います)
画像

小物は、特に何かどうしてもこの色でなきゃ!!というのがない場合、全体の下塗りが終わったあと、本塗りしながら、全体の色味のバランスを見つつ塗っていくので、この時はまだ塗ってないとこが多い(・A ・)
髪の色など、もうすでにイメージついているところは、まだこの段階で塗ってないようだ!

ここまでで、鉛筆線画から6~8時間でしょうか?




③本塗り( ゚Д゚)
長いですね・・・笑

えと、④で終わりなんですが、ほんと、無理しないでくださいね!!

もうちょっとです!!(笑





本塗りと下塗りが同時平行している一番見せちゃいけない時の状態です笑
画像

とにかく、全体のバランスを見ながら、いろいろと色を重ね塗っていきます。
それこそ、肌に青やら紫やらで影つけたり、緑の衣に紺や赤を入れて深みを引き出していきます(・ω・´)!
死に物狂いです(笑
必要に応じて、水を含ませた筆で、つけちゃった絵の具を拭い取ったり、また新しい色のっけたり、とか、
よく夕羽はしています(・ω・)
そして色がくちゃくちゃになる(´ω`)
大体出来上がりますが、またここから詰めだします(・ω・´)!
ここまでで、またさらに10時間くらいですかね??




ここからは、ほんと微妙な細部への描き込みをのっけます!最後の悪あがきです(笑

細部への描き込みの際に、鉛筆の線じゃここは薄すぎるな、ってところの線を、小筆で濃い目の絵の具つけて、なぞっていきます。なんとなく、ニュアンスがでます(・ω・´)




あとは、気に入らない所とか、雑に塗ってる所とかを・・・
画像

整える程度です(・ω・)




んで・・・
画像


できたヽ(・∀・)ノ

と、いうかんじです。ここまでで、さらに5~7時間ですか・・・

こだわり始めると、なかなかとまらなくて(・∀・)





④スキャナでとって、パソ子でいろいろ(・∀・)
さて、スキャナでぱっととって、Photshop Elements2というソフトさんで色味を明るくして、文字いれます。

これには30分(短い笑)

で、今度こそ完成!!

画像

全体で30~40時間くらいかかったのかな??





・・・終わった。(メイキング作るのが。






長かった!!書いてる本人が長かったんだから、読んでる皆さんはもっと長かったですよね!

ひぃ!!

すいません!出来心でやってみたメイキング、ここまで付き合ってくださった方々、ありがとうございました^^

青蛙さま、愛を込めて!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2008年09月14日 20:11
ご苦労様でした(笑
こんなにじっくり人のイラストの工程を見れるなんて何か得したし、
細かい作業に改めて驚き見入ってしまいました。
影の入れ方、色塗りの方法・・・。同じアナログ絵を描く蛙としては
勉強になりました。
最近、蛙もペン入れせずに色を塗ることが多いです。
服の皺、光の当たるところ・・・うーん、すばらしい。
蛙ももっと精進せねば・・・。
水彩の美しさにも惚れました。
今日の記事は保存版にしたい!!蛙です。先生、ありがとう♪
早村友裕
2008年09月16日 00:33
うん、長かった(笑) でも、人が絵を描いているところを見るのは好きです。隣でじーっと見てんのが好きです。
自分は最初に絵の描き方を習ったのが夕羽なので、なんだか最初の講義を復習してるみたいでした(笑)
でも影とか、反対の色(?)をまぜて深みを出すところとか、やっぱり夕羽のこれまで描いてきた絵と感性の賜物なんだなーと思うと、まだまだがんばらなくちゃなっと思います。自分で描き始めてからはさらにそう思います。

でもそれより何より、この二人を描いてくれたことがほんとに嬉しいです(>_<。) だってもう10年前だぜよ(笑) 初めて完結させた長編なので思い入れも深いし、キャラもみんな大好きでした。今書いているどの小説も、こいつらから始まったんだなぁ~と思うと感慨深いです。
でも、実物を見損ねたっ!
また今度会った時に見せてくだされ~
ごん
2008年09月16日 08:13
すご……。
細部を意識しながら細々工程を組んで作業って、すでにプロの仕事だ!
出来上がったイラストも、もうなんか綺麗だしカッコイイし、世界が嫉妬する!

良いモノ見れて朝から幸せでございます。
乙麻呂
2008年09月16日 08:34
お疲れ様です^^

前々からどのように描いているのか気になっていたので、見れて凄くうれしかったです♪
旅行中に携帯画面だと見にくい~!!と思い、家帰ってからすぐ見ましたw
コメントが遅れて申し訳ないorz

あの深い色合いはこんな風にして生まれるんですね!
絵の具を固めてから、少しずつ水に溶かして…というのは初めて聞いたので、とても勉強になりました^^

ペン入れをしない、というのを見て、それでこんな柔らかい絵なんだなーと納得!
私なんかペン入れで誤魔化し誤魔化し…
水彩色鉛筆も親が60色のを昔買ってくれたのですが、使いこなせません…
使うのは黒くらいですw(強調したいところに影として入れます
後はPC編集でさらに誤魔化し…誤魔化してばっかだorz

見ていて、もっと頑張らなくちゃ!と思いました^^
黒雛 桜
2008年09月17日 20:49
おおお~メイキングがー(*´∇`*)
素晴らしく繊細なイラストに、息を呑んでおりました!
水彩での彩色…すごすぎでなんと言ったらいいか…(惚
黒雛は小学生の頃、水彩画が壊滅的だと自覚し、それ以降は学校の授業以外絵の具を絞りませんでした(笑
しかも、シャーペンの芯にもこだわりがあるのですね…!
ああっ百均の芯と百均の白紙を使っている自分、何のこだわりもありません笑(開き直って←

はーっ(*´∀`*)素晴らしいです~♪
約40時間の超大作、そのメイキングを見れるとは。
ホント、これは完全保存版にしなければ、ですねw
あかさと
2008年09月17日 21:19
40時間!!!
素晴らしく細部まで魅せてますもんね><
ペン入れされてないんですね!
だから幻想的に見えるのかしら。。いや、夜天さまの腕ですね!
じ~っくり拝見させてもらっちゃいました♪
私にはまだまだ難しいですけどね~♪
でもとてもお勉強になる物を見せていただきました!

素敵です~~~♪(///▽//)
夜天夕羽
2008年09月18日 10:51
コメントが遅くなり、申し訳ありません!!
★青蛙さま★
むしろ本当にこんな長いの読んでいただいてすみません(。-人-。)
まだまだメイキングとしては甘い気がしますが、自分としては、自分の描き方を整理していけるようで、大変勉強・確認になりました!(笑
てか、見返すと本当に細かいですね…(人事
ペン入れは、本当にへたっぴーなので…!!
ペン入れない仲間ですねっ(≧∇≦)(ヤメ
いきなり画材を変えるのは確かにとっても難しいですが、、、
水彩もいいものですよ♪蛙さまもどうですか??
夜天夕羽
2008年09月18日 10:51
★早村★
うっひゃ長くてごめんね!!
昨日絵のひきだしひっくり返してたら、講義の時の早村のイラストたちが出てきたよ!(笑
あと、ライラとビルラとウィオラとフィルラの集合した絵も出てきた…
全然服違ってた…orz まぁいいとして!!
うん、なんか緑と赤とか、反対っぽい色合わせたら黒色に近くなっておもしろいよ!
ただ黒で影付けるより、なんかイラスト全体の色味が増えていい(と、夕羽の感性が訴えます笑

そういえば実物見せてなかったっけ?見てー!笑
今度喉の調子がいい時また歌おうね!!
夜天夕羽
2008年09月18日 10:54
★ごんさま★
ひい、そんな、プロだなんて…!
おこがましいです、ただの素人です。
小さい頃から絵がひたすら好きだっただけなんです。
でもそのおかげで、こうやっていろいろな方に見てもらえたり、
コメントいただけたり、とても光栄に思っています。

もっと精進します☆
夜天夕羽
2008年09月18日 11:06
★乙麻呂さま★
うふふ、疲れました☆(何
描き方なんて、なんか、本当適当なんだなってのがおわかりいただけたかと思います…笑
ただ、色彩感覚は、自分の好きなイラストレーターさんにものすごく影響されている自信があります!
その方が、影に紫やら青やら赤やら、水色使ってるときには本当にびっくりしたっけ…
絵の具を固めて…てやつは、本当に便利ですよ。
本当に絵の具減りませんもん!!
乙麻呂さまのペン入れきれいですよね!羨ましいです!
三年前くらいにつけペンでがんばってたんですが、なんかうまくいかない…
鉛筆で描いて、後で絵具で濃く線引けば一緒さ!みたいなアバウトさでここまできました!笑
水彩鉛筆、60色…!ほしい!でも夕羽も絶対使いこなせないヽ(・∀・)ノ
パソ子には、夕羽もものっすごくお世話になってます…笑
パソ子さえ通せば、結構なんとでもなる!ははは!(ぇー
夕羽も、乙麻呂さまをはじめ、周りの絵師さまの作品を見せていただくたびに、「むはっがんばらなきゃ!」となります笑
夕羽も乙麻呂さまと一緒に頑張りますv(暑苦
夜天夕羽
2008年09月18日 11:17
★黒雛さま★
そうなんですか、水彩が苦手でいらっしゃるんですか…!
紙がふやけるのは夕羽も苦手です(´ω`)
あと、画用紙がけばけばになっちゃうのも…
て、何言ってんだ笑
でも筆でばーっと一気に塗れて、楽だと、夕羽は、楽だと…(小声)
だって色鉛筆やコピックは、本当に細い線で、塗るのが大変で、むらもできちゃうので…あはん(´ω`)
ですので黒雛様はじめ、色鉛筆やコピックを使いこなす絵師の皆様に感服ですぅぅぅうう(´・ω・`)!!
シャー芯は、こだわりといいますか、夕羽は本当に筆圧がアレなかわいそうな子なので、勉強も全部2Bです笑!
うひーこんな長ったらしいメイキングを見て下さってありがとうございますです♪
夜天夕羽
2008年09月18日 11:22
★あかさとさま★
本当に長くてすみません、メイキング…!
ペン入れは、していないというより、なんというか、
できない、もしくは不可能といいますか…笑
だっていろいろはみ出したりにじんだり紙に引っ掛けたr(略
まぁ、なんだ、鉛筆の線も味がありますよn(=゚д゚)ニ○)'д`)
うふふ、自分の勉強のためにやってみた感はあるのですが、そういう風に言っていただけて、嬉しいです^^
どうもありがとうございますv

この記事へのトラックバック